レビトラの効果と持続時間 レビトラの効能についての時間です

レビトラとは

EDはErectile Dysfunctionの略称で「勃起不全」、「勃起機能障害」、
「勃起障害」などとも呼ばれています。

 

以前はEDのことを「インポテンツ」と呼ぶことが多かったのですが、
言葉に否定的な意味があるという理由からで最近では使われなくなりました。

 

EDも含めて広く男性の性機能障害一般のことを指してSD(Sexual Dysfunction)と言う場合もあります。

 

レビトラは日本では2004年にバイエル薬品から発売されました。
それまでEDの治療薬として厚生労働省の承認を受けた薬にはバイアグラがありました。

 

バイアグラはアメリカのファイザー製薬が開発し発売したED治療薬でしたが、
1999年の発売以降はED関連の治療薬として独壇場とも言えるほどの活躍で、
本格的なED治療薬の第1号ということもあり「夢の薬」、
「世紀の大発明」などとメディアでも大々的に取り上げられ、
またたく間に世界中の人々が知るところとなりました。

 

 

しかしバイアグラの服用については食後最低でも1時間は時間をおかなければならない、
効果が現れるまでに時間がかかる、効果の持続する時間が短いなどの用法上の制限も多く、
しだいにバイアグラに対する不満も多く聞かれるようになりました。

 

 

そうした中バイアグラの発売から5年を経て、
今度はドイツの製薬会社であるバイエル社が満を持して発売したのがレビトラというわけです。

 

 

レビトラは日本では2004年から厚生労働省の承認薬として病院やクリニックなどで処方されています。
レビトラの誕生はこれまでバイアグラが効かなかった人や、
バイアグラの副作用に悩んでいたED患者の人、

 

またバイアグラの使用に関する不便な制限に不満を感じていた人などから大いに歓迎されました。

 

レビトラの名前の由来は

「LEVITRA」と表記されます。
語源的に見るとLEVITORAは「le」と「vitra」に分かれ、leはフランス語における男性定冠詞で、
vitraはラテン語の「生命」を意味しています。

 

つまりレビトラを日本語に訳すと「生命」、「生命力」などと言った言葉に置き換えられることになります。
性行為は新しい生命を育むための最も重要で神聖な行為です。

 

その性行為を身体の内側から支えてくれる治療薬の名前が
「生命」であると言うのは実にふさわしい命名だと思います。

 

レビトラはすでに世界中の約100ヶ国で発売されており、
いずれの国においてもひじょうに愛好者が多く、さかんに利用されています。

 

日本では2004年の6月から発売が始まりましたが、当時のメディアなどの興味もひときわ高く、
厚生労働省が認可した2番目のED治療薬として広く報道されました。

 

レビトラが日本を含む多くの国でこれほど好意的に受け入れられたのには理由があります。
それまでED治療薬を独占していた米ファイザー製薬のバイアグラは確かにセンセーショナルな報道をされ、ED障害に悩んでいた人々に取って「夢の薬」としてもてはやされました。

 

しかし一方でバイアグラには「食後服用までには少なくとも1時間は時間を空けること」、「顔がほてる」、「持続時間があまり長くない(通常4時間以内ほど)」などの不満を感じている人も多くいたのです。

 

またバイアグラの決定的なデメリットは糖尿病や前立腺ガンなどを患ったことのある人の場合には患者が希望しても処方されないか、
あるいは服用してもほとんど効果が得られないことが多かったのです。
こうしたバイアグラの持つデメリットをほぼすべて解決したのがレビトラだったのです。

バイアグラシアリスレビトラなどのed治療 ed外来 早漏治療 ジェネリック 女性用バイアグラ 媚薬 サイズアップ プロペシアジェネリック 育毛剤 まつ毛育毛 女性用育毛剤 避妊ピル いびき防止 禁煙 睡眠 抗うつ 高血圧などの改善サポートを格安通販の輸入代行インポートマスタへお任せ下さいurl www.edcare.net/