猫の抜け毛の問題についてその②

MENU

猫の抜け毛の問題についてその②

猫が皮膚を必要以上になめたり、噛んだりする行為は、通常の毛づくろいとは違い、何らかの皮膚炎やアレルギーを引き起こしている可能性があります。

 

食べ物が体質に合わなかったり、何かの植物に触れることでアレルギーを引き起こしたりなど、体が痒くなる原因は色々とあります。

 

猫が同じ部分を必要以上に舐め、その部分が剥げてしまうほど、かんでしまう場合は、アレルギーである事が多いようですから、アレルギー物質を調べるために、病院で検査を受ける必要があります。

 

何によってアレルギーを引き起こしているのかを飼い主が理解すること、今後注意をすることができるのです。
その他にも毛を必要以上に舐めているような様子は見受けられないものの、毛がなんとなく薄くなっている、禿げている部分が確認されるというケースもあるでしょう。

 

その場合は、他の猫とのケンカによってできた症状かもしれません。
猫同士のケンカはよくあることなので、自然をケガを治すことはできます。

 

しかし場合によっては、悪い病気をもらっている可能性も高くなりますので、その場合血液検査や体毛の組織検査をする必要がありますのですぐに病院へつれていき、適切な処置を受けることをオススメします。

 

その他にも心因性の円形脱毛症というものがありますがこれは猫の精神的な問題から発症する病気です。
この病気にかかると過剰な皮膚の毛づくろい行為が舐める行為が確認されるようになります。

 

何かしらの恐怖感や不安感に襲われることで、心の安定がみだれてしまうことで発症するといいます。
この場合、猫に強くどなりつけたり、しつけをしようとすると逆効果になりますので、なぜそのような行動を起こしているのか飼い主は、自分の行動をよく考える事が必要です。

 

猫との遊びを怠っていないか、ストレスを感じるような環境を作ってはいないか、寂しくさせているのでは等など、心当たりはたくさんあると思います。

 

猫は自分が遊んでいたおもちゃがなくなるとそれだけで不安にやストレスを感じるといいます。
またトイレの位置が移動していたりなど生活習慣のちょっとした変化によって不安感を抱く事もあるようですね。

犬・猫用酵素サプリメント プロキュア

ペットの健康に気になりませんか? ペットの病気対策の健康サプリメント

猫の抜け毛の問題についてその②関連ページ

猫にトイレをしつけようその②
猫を飼っている場合、猫にトイレのトレーニングをしていない場合には、家中がおしっこの匂いで充満してしまいます。 せっかく愛くるしい猫との生活を始めても、おしっこの匂いが部屋中に
猫にトイレをしつけようその③
猫のトイレをどこに置くのか決めたらその場所からなんども変更しないことです。 なぜなら時間をかけてせっかく覚えた場所なのに、何度も場所を変更されたら、猫だって頭が混乱してしまうと思
猫にトイレをしつけようその④
猫をペットとして家庭に迎え入れた時には、ただ可愛がるばかりではなく、しつけをしなければなりません。 悪い時には、ちゃんと悪いことをしたということをしつけなければ一緒に生活すること
猫にトイレをしつけようその⑤
猫にトイレをしつけるために色々な方法を利用している方もいます。 しかし猫ばかりを怒鳴りつけても全くトイレを覚えることはできないでしょう。 猫は、本来のトイレを準備すると
猫のマーキングとしつけ方法についてその②
猫のトイレをしつける際に、もう一つ行いたいのが猫のマーキング行為です。 マーキングの場合、その場所へ近づき、一度匂いを確認します。 その後通常のおしっことは違って、立っ
猫のマーキングとしつけ方法についてその③
猫がマーキングをしないことを強くしつけるよりは、とにかくマーキングをしようとするその猫の立場になり、快適な住まいを提供できるように環境を整えるようにしましょう。 なぜ猫が
猫の抜け毛の問題についてその③
室内で飼っている猫でも時々自由に外出を許可しているところも多いでしょう。 そのような場合、猫は自分の好きなタイミングで外で遊び、勝手気ままに生活を楽しんでいると思います。
猫の習性としつけとの関係についてその①
室内で猫を飼っている場合は、人間の生活空間に馴染めるようにと色々としつけをすると思います。 特にトイレを教えたりするのは、どの家庭でもすぐに躾けるものだと思います。 生
猫の習性としつけとの関係についてその②
野良猫の行動を見てみるとよく分かると思いますが、屋根の上で木のぼり、壁など色々な場所に登って自由気ままに行動をしていますよね。 猫はあっちこっちに行動をしてストレスを解消
猫の習性としつけとの関係についてその③
猫を飼っているお宅では、必ず経験すると思いますが、猫がティシュペーパーを箱からドンドン出して家中散らかす事があります。 それだけでなく、洗濯ものから靴下や下着、下駄箱からはスリッ
猫のしつけと噛み付きぐせについてその①
猫を飼っている人で、猫に噛まれた経験があるという方も多いのではないでしょうか。 猫に噛まれたぐらいで大袈裟にするんじゃないという方もいるかも知れませんが、猫に噛まれるとこれが意外
猫のしつけと噛み付きぐせについてその②
猫が飼い主を噛む場合には、遊びの延長で興奮してしまってついついかんでしまったり、飼い主が猫の頭をなでたりした場合、たまたま猫に対するタイミングが悪いことで思わず噛むこともありま
猫のしつけと噛み付きぐせについてその③
猫の様子を毎日観察していたり、長く一緒に生活を共にしているとだんだんと猫の仕草や行動を見て色々な事が理解出来るようになります。 例えば、猫が目を細めたり、耳を立てたり、撫
猫のしつけと噛み付きぐせについてその④
猫が飼い主を噛んだりする場合には、色々な原因があります。 猫という本能や習性から縄張りを守るためにかむこともあります。 また何かしらのストレスが原因で、飼い主をついつい
噛む猫をしつける方法その①
犬を飼っている人の中には、飼い犬に手を噛まれたというケースもありますが、これは犬に限らず猫も同様に飼い主の手を噛む事があります。 猫の場合は特に、人間の手を遊びのつもりで
噛む猫をしつける方法その②
猫に怒鳴ってしつけをする場合には、優しく声をかけるのはよくありません。 怒るときには、短く強い口調でダメ、褒めてあげる時は、ワントーン高い声で優しくゆっくりと声をかけるようにメリ
噛む猫をしつける方法その③
抱っこしたりするだけで飼い主の手を噛んでしまう場合、体のどこかに痛みや怪我を発症している事があります。 その場合には、優しく体の検査を行なってください。 触れられること
噛む猫をしつける方法その④
噛み付きグセのある猫に対するしつけの方法を間違っている飼い主も意外と多いようです。 強く行動を制限するのではなく、この場合は、猫が嫌がるサインを見逃さずにしつけをするようにし
噛む猫をしつける方法その⑤
猫の種類や性格、年齢によっても何に対してストレスと感じているのは全く異なります。 自宅に飼い主以外の人が来るとすごく喜んで歓迎する猫もいるかも知れませんが、すべての猫がそうで
猫の爪とぎのしつけの方法その①
猫や犬などを人間と同じ環境で育てている方は、色々な悩みがあると思います。 特にしつけをするのは根気が必要で、なかなか人間の生活環境に馴染めないと困惑している家庭も多いのではな
猫の爪とぎのしつけの方法その②
猫を室内で飼っている人のおたくを訪問すると家具やソファー、スピーカーや布団など色々なものが破壊されている事があります。 特に壁やドアの角などはボロボロで、猫の爪あとや噛んだ跡
猫の爪とぎのしつけの方法その③
猫の習性から爪とぎをする行動があります。 ただ家中の家具やカーテン、クッションなどすべてのものが破壊されてしまいますので、できるだけ猫の爪とぎ用のアイテムを準備しなければなり
猫の爪とぎのしつけの方法その④
猫の爪が伸びてきたら、猫は爪とぎ行動をしきり行うようになります。 ただ専用の爪とぎが移動できずに過って他のものにガリガリと行った場合には、その場でしつけるようにしましょう。